TOP > 不動産売却のポイント > 【3つの鉄則】不動産を高く売るために
2021/01/23
【3つの鉄則】不動産を高く売るために

不動産をいざ売るとなると、「何から手をつければよいか?」「いくらで売れるのか?」「ローンの残債はどう返せばよいのか?」など様々な疑問が出てくるものです。

今回は、初めて不動産を売却する方に向けて、高く売るための鉄則をご紹介したいと思います。

340235_s

 

【鉄則1】売却価格の相場を理解しよう

不動産売却価格の相場を読み間違えることは、不動産売却では致命的なミスとなり得ます。

物件がなかなか売れず、希望価格よりも大きく価格が下がってしまったり、もっと高く売れるのに安値で売ってしまったりすると損することになってしまいます。

ですから、不動産の相場価格を大まかに知っておくことはとても重要です。

でも、この価格はあくまで「違う物件の」「買い手との交渉前」価格です。

あくまでも、ざっくりとした予測だと心に留めておいて下さい。

 

【鉄則2】ローン残債の返済プランを立てよう

マイホームの場合、返済期間の長いローンを組んでいらっしゃる方も多いかと思います。

そうした場合、ローン残高が残っているという方がほとんどかと思います。

残債を貯蓄などの自己資本で賄う事ができない場合、返済プランには大きく2つの方法があります。

・不動産の売却代金をローン残債に充てる

・住み替えの場合は「住み替えローン」に借り換える

売却代金を充てる場合には、当たり前ですが残債より高く売却することが必要です。

しかし、相場の流れを見極めながら、売り出し価格を設定して希望価格に売却するということは非常に大変です。

より高く売ることが重要になってくるため、信頼できる不動産会社と綿密に販売戦略を練っていくことが必要でしょう。

 

【鉄則3】良い不動産会社、よい担当者をみつけよう

不動産を売るためには、売却活動で買い手を集めること、買い手に物件の良さを知ってもらうこと、買い手との交渉が必要です。

つまり、不動産売却が成功するかどうかは、不動産会社の力量に大きく左右されます。

単純に”不動産を売る”と言っても、査定から不動産会社選び、買い手とのマッチングを経て引渡しに至るまで、すべてがトントン拍子で進むとはかぎりません。

「今すぐに売却しないけどいつか・・・・・」と考えている方がいっしゃったら、今回紹介した流れや期間をしっかりと把握しておいてください。

 

「今だ!」と思っていても、ある程度の期間は必要ですし、納得のいく価格で売却するには信頼できる不動産会社の存在が不可欠です。売り時を逃し、手遅れになってしまっては本末転倒です。

まずは弊社にご相談いただき不動産売却の準備を始めてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ
web通話によるリモートでのご相談も受付中!
直接のご来店が難しい遠方のオーナー様にも
お気軽にご利用いただけます。
0263-32-1235
[営業時間] 9:00〜19:00 土日・祝も営業!

ページトップへ