任意売却

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローン・借入金などの支払いが困難になったとき、債務者(所有者)と債権者(各金融機関)の間に仲介者(弊社)が入り、不動産を競売にかけずに所有者・債権者・買主の納得のいく価格で売却を成立させることです。
住宅ローンで下記のようなお悩みをお持ちの方は、是非ご相談ください。

・住宅ローンの返済が苦しい
・住宅ローンの支払いを滞納し、住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)や銀行から催告書や督促状が届いた。
・債権者から不動産競売の申し立てをされて、競売の手続きが進行している等々…

住宅ローンを滞納するのはデメリットだらけ!お早めにご相談下さい。

住宅ローンを滞納しますと、債権者から催告書や督促状が届きます。
そのまま滞納を続けると、一般の銀行であれば3ヶ月、住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)であれば6ヶ月を超えると期限の利益がなくなり、残債務を一括返済しなければならなくなります。
住宅ローンが支払えない状態なのに一括返済というのは現実的に不可能です。

このまま滞納を続けますと競売になります。競売になりますと、さまざまなデメリットがございます。
そんな競売を回避する方法として任売(任意売却)という方法があります。早い方が時間的に余裕ができますので、対処方法も多くなります。お早めのご相談をお勧めします。

弊社は任売には多数の実績があります(任売が出来る業者は、任売についてのノウハウがなければ対応できません)。
また、個人情報等の守秘義務は遵守致しておりますので、安心してご相談ください。

ページトップへ