BLOG空き家情報

  • 2021.1.23

    【空き家活用】売却か?賃貸として貸し出すか?

    放置したままではデメリットを被るかもしれない実家の空き家は、いくつかの方法で有効活用することが可能です。空き家の状況や家族・親族の意向によって、有効活用できる方法は変わりますから、複数の方法を考えておきましょう。

     

    1618660_s

    ■売却する

    基本的に、空き家となった実家を自分で使ったり、誰かに貸すと何らかの損をすることが多いものです。引越しが必要だったり、望まないリフォームが必要になったり・・・。自分で使うと思っても、年に数回しか使わなかったということも少なくありません。

     

    そこで、空き家の活用は、基本的に売却するのが一番現実的だと思います。空き家の管理だけではなく、固定資産税の負担も避けることができます。この方法は、実家を売却して、現金化し、それを遺産として平等に兄弟へと相続したいときにも使われています。

     

    ■賃貸物件として貸し出す

    有効活用方法のひとつが、空き家を賃貸として貸し出す方法です。賃貸として貸し出すメリットは、売却せずに空き家を活用できることや、空き家の借主に日常管理の手間を任せて「建物の老朽化」を防げることです。

     

    とくに、「リフォームしたばかりの実家が空き家になっている」「空き家の立っている立地がよい」などのケースでは、ある程度の資産価値がつきますので、賃貸物件とし借り主が現れやすくなるでしょう。ただし、空き家の貸主には「貸主責任」が伴います。貸主は、「給湯器が壊れた」などの設備不良や水道、電気などのトラブルに、都度対処しなければいけません。

     

    ■更地にする

    空き家を管理する手間から解放されたい人におすすめなのが、建物を解体して更地にする方法です。

    更地にすることで、管理する手間が省けるだけでなく、老朽した建物が建っている土地」よりも、高値で売却されやすくなるメリットもあります。

     

    しかし、更地にするには、当然ながら空き家を取り壊すための解体費用を負担しなくてはいけません。自治体のなかには、「解体費用の一部を助成する制度」を用意しているところもありますから、迷ったら自治体に相談してみましょう。

     

    また、更地を所有しているだけでも「固定資産税」がかかります。固定資産税の負担を考慮しつつ、空き家のあった土地を更地のまま活用したいときは、更地を駐車場やコインパーキング、定期借地などにする方法が考えられます。

    とはいえ、お客様の1人1人の状況によって、最善の選択肢は変わってきます。

    失敗なく売却を進めるために、まずは弊社にご相談ください。

  • «
    »

ページトップへ